車検とは、車検について

車検とは?

車検とは、正しくは車両検査と言い、道路運送車両法で(以下道交法)で定められている車の定期検査のことです。人間に「人間ドック」があるように、車には「車両検査」があるのです。
道交法で定めた「道路運送車両の保安基準」に車が適合しているかを検査するのが目的です。

車検はカーライフの義務そもそもどうして車検が義務付けられているのか?少し考えてみましょう。
もし歩いているときにブレーキが効かなくなった車が暴走して突っ込んできたらどうしますか?
もし走っている全ての車から排気ガスがモクモクとでていたらどう思いますか?
実際には考えられないことですが、車検がなかったとしたら・・・、ありえる話になるのです。

車検とは、公道を走る全ての車が、国の定める一定基準を満たし、安全で公害をもたらさないようにするという重要な役割があるのです。
みんなが気持ち良くカーライフを楽しむための義務なのですね。

車検に通れば絶対安全?

それなら、車両検査に通れば車の安全が保証されるのでしょうか?
もちろん、合格した時点では国のお墨付きで安全だということになります。
しかし、次回の車検まで、その安全性が保証されるかというと、答えはNOです。
ココが難しいところ・・・

車両検査のあとは自己責任。実は検査証の裏側には「車の使用者が整備や点検を確実に実施して保守管理をする必要がある」という旨が明記されています。
車両検査とは、国が定めた一定の基準を満たしたかどうかを見るのみなので、日々の車の保守管理は自分でやりなさいと言っているのです。

そんなに車なんて壊れないから別に問題ないのでは?と思われた方は要注意です。いくら車の性能が上がったとはいえ、車は消耗品で構成されているのです。プラスチック、ガラス、ゴム等・・・。どれも永久的に持つものではありません。
知らず知らずのうちに多くの支障部分が出てくる場合もあるのです。

昔は実施の前にプロが点検をして、次回まで持たない部品をあらかじめ交換をすることで車の安全性を保っていたのですが、規制緩和され、乗る人が日々の保守管理の責任を負うことで検査時の負担を少しでも減らそうというようになったのです。
交換する必要もない部品まで交換されていた昔に比べれば、使用者がいろいろ選択できる自由ができて良かったともいえますが、車について良くわからない人にとっては難しくなった一面もありますよね。
車検とは、あくまでもその時点の状態で判断するのみ!その後は自己責任なのです。

24ヵ月法令点検と車検の違い

図1えっ?別物なの?と思われた方もいらっしゃると思います。先述しましたが、規制緩和がされる前は24ヵ月点検という点検を実施してからの車両検査が義務付けられていたのですが、現在は実施後でもOKとなったのです。
法令点検をしなければならないものに変わりはないのですが、実施後でも良くなったことが大きな違いなのです。
最近、ユーザー代行なども多くなってきましたよね。ユーザー代行は、この規制緩和の応用なのです。

ユーザー代行では、先に検査をして、不具合(不合格)があったのみ箇所のみ整備をする・・・が安い値段ですむことには違いないのですが、細部の点検が実施されないのでいつ壊れてもおかしくない状況を生んでしまう訳です。価格が安いだけでなく、内容にも心がけましょう。(図1参照)

車検を良い機会として!

「検査とは」じゃあ一体どうすれば安全快適なカーライフを楽しむことができるのでしょうか?
車検を良い機会ととらえ、やはり事前にプロに点検を依頼し、車の状態を説明してもらったうえで、自身で整備の必要の有無を判断することが大切ではないでしょうか。

そこでカーコン車検では!
次の3つを実施しています。

1.ご説明しながらの
  立会診断

立会診断

ライト等やベルトなどのチェックを行い、リフトをあげて、車のオイル漏れや各部のボルトの緩みがないか等を確認します。

2.コンピュータによる
  事前見積

事前見積

整備前に必ず、コンピュータでお見積もりをさせて頂きます。お客様に納得頂いた上で、実施させて頂きますのでご安心下さい。

3.検査実施前にご提案
  提案整備

提案整備

今回に直さなければならない箇所と直すとより安心な整備箇所を明確にし、今回に直すか、後日直すかを決めて頂けます。